ClickHere

PING送信プラス by SEO対策

FC2PIYO     クリックお願いします!

2009年02月24日

過払い金返還は急いで!

さて、いままで過払い金発生の仕組み・任意整理の方法などをお教えしてきましたが、ここまでご覧になって「自分も任意整理しようかな?」と考えている方がいらっしゃるかと思います。
もし、そうお考えの方がいるならば、大至急手続きを開始してくださいexclamation

しかし、それはなぜでしょうか?

理由は続きをご覧ください

   その前に、募金にご協力をexclamation下のバナーをクリック
   して頂けると、私に2円入りますふくろ
   皆さんのご協力頂けると、励みになりますので、よろしく
   お願いしますわーい(嬉しい顔)


さて、ナゼ急がなくてはならないのか?
それは、皆さんもご存知のとおり、大半の貸金業者は過去に25〜29%の高金利で貸付を行っていました。
その際のツケが回ってきており、現在沢山の過払い金返還訴訟が行われています。
これが業者の経営状態を圧迫する事態にまで進んでおり、中には倒産する例もあるようです。
大手と言われている所も例外ではない為、中小企業はひとたまりもありません。
もし、あなたが利用していた業者が倒産してしまったとしたら?
過払い金請求は不可能になってしまいますexclamation
現在のところ、「イオン」等経営母体が元々違う所は比較的安心なようですが、「アイフル」などは最近になって対応が遅くなった(返還を渋るようになってきた)ようです。これは経営状態が想像以上に悪くなって来ており、返還する資金にも影響が出ていると見るのが妥当だと考えます。
中には対応自体を渋る業者も出始めていますので、早急な対応が必要ですダッシュ(走り出すさま)
申請してから調停まで早くとも2〜3ヶ月はかかりますので、「来月やればいいや」ではなく、「今週末、出来れば明日にでも」といった気持ちが、返還されるか・返還されないまま倒産されるかの分かれ目になりますので、本気であればあるほど素早い対応をした方が皆さんのためになりますので、よくお考えくださいexclamation

そろそろ、私の知っている情報は無くなって来ましたので、これからは私が実際に行っている「任意整理」の実体験をUPしていきます。皆さんの参考に少しでもなればと思いますので、ご覧くださいわーい(嬉しい顔)
posted by マッキー at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 任意整理の説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。